読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗コーディネーター

あなたのご商売やご都合に合わせ、出店戦略の立案、出店に役立つ情報の提供、商品のPR活動までいたします。

PR戦略

広告と広報の違い

広告には『自画自賛』という宿命的な弱点がある。

通常、駅ビルやショッピングセンターなどの商業施設に出店する場合、

場所が空いたから出店できるわけではなくて、

デベロッパーが

ぜひここに出店して欲しいという店舗を誘致して出店させるのです。

 

PR活動

さて、ここで再び店舗開発活動について考えてみたいと思います。

実際に店舗開発活動というのは単に物を売るのではなく、

自社の店舗の出店を実現するために

建物や土地の家主、地主や

SCを運営しているデベロッパーに対するPR活動です。

f:id:slrw1995:20170328142411j:plain

これは自社の商品をもっと売りたい、

サービスをもっと利用してもらいたいと思って

広告を打つことにたいへん良く似ています。

要は広告とは自社商品、サービスの宣伝活動ですから、

その宣伝活動によって商品が売れ、サービスが利用される。

=自社の会社概要や店舗の内容を売り込むことにより

認められて出店が実現するのです。

 

同じように店舗開発PR活動でも

人気のある出店したい場所であれば

同じデベロッパーに多くの企業が殺到します。

消費者は大量に氾濫する広告の中から

似たような商品やサービスを比較して選ばなければなりません。

デベロッパーも似たような店舗の中から選ばなければなりません。

更に広告には宿命的な『弱点』

それは自画自賛の限界から逃れられないからです。

広告は一方通行のアピールなのです。

 

同じように店舗開発活動も当社の一方通行のアピールなのです。

どんな店舗開発担当者も「我社の店舗はつまらないダメな店舗です。」

と言ってデベロッパーに売り込みに行くでしょうか。

必ず「我社はすばらしい。」と言って売り込むはずです。

要は『自画自賛』でしかないという事です。 

 

人間関係で考えるとこのようになります。

「私はすばらしい人間だ」とAさん自身から告げられるのと、

あなたの友人であるBさんから「Aさんはすばらしい人だ」と教えられるのとでは

どちらがAさんに対する印象が良くなるでしょうか。

後者のはずです。

 

人は『自画自賛』の評価よりも

信頼できる客観的な評価をより深く信用するものなのです。

 

Store Location Research Works】を運営する

合同会社ネオ・フロンティアでは

「YOU&I」の一対一の関係ではなく、

客観的な第三者の目で

貴社の良さを発見してデベロッパーにPRいたします。

店舗開発業務 ストアロケーション

 

次回は少し視点を変えて、地方の企業の方が

京進出をする方法についてお話します。

 

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

最初に戦略ありき!

その戦略に基づいて営業(PR)活動

店舗コーディネーターの西村です。

前回までは商業施設のお話をしましたが、

今回は商業施設でも路面店でも非常に重要な

出店戦略についてお話します。

★戦略とは

競争激化、格差拡大、弱肉強食の厳しいサバイバルレースが続く現代社会で

待ちのビジネスで何が得られるのでしょうか?


攻めの発想、ポジティブシンキングの発想が必要ではないでしょうか?

ここでお考えいただきたいのは

貴社のお店の現在のポジションをよく考えてください。

超有名ブランドのお店なら待っていても結構です。

ショッピングセンターや百貨店、駅ビルあるいは一等地の オーナーから

ぜひ出店して欲しいと言って良い場所が用意されます。

何故なら、

貴社のお店が世の中の隅々まで名前が知れ渡っていて、

消費者の信頼を得ているブランドだからです。

f:id:slrw1995:20170328134425p:plain

当然ショッピングセンターや駅ビル、百貨店などを運営しているデベロッパーにとって

大勢のお客様を集める集客の目玉になるからです。

 

商売はまずお客様に来ていただかないと始まりません。

そのお客様を集めるには

そのSC(=郊外型ショッピングセンター、駅ビル、ファッションビル、百貨店、

総合スーパー等商業施設をひとくくりにして【SC】という形に省略します。)

のロケーションもさることながら

お客様にとって魅力のあるお店であることが一番重要です。

ですから集客力のある人気のお店を誘致するのです。

 
さて、貴社のお店はどうですか?

ほとんどのお店が未だ知名度も低く、

これからもっと大勢の人に認知してもらって

信頼のブランドに育てたいとお考えになっておられませんか。

 

ならばどうするべきか!

f:id:slrw1995:20170328134937j:plain

そう、積極的に攻めないと良い出店場所は得られません。

しかし、だからといって闇雲に動いても良い結果が得られるでしょうか?

街にも大人の集まる街、若者が集まる街があるように、

SCも大人をターゲットにした店作り、若者をターゲットにした店作り、

更にもっと絞り込んで20代前半の女性をターゲットのSC等、

狙いをはっきりした専門店の集合体になったSCも増えてきました。

これはライフスタイルが多様化し、

消費者の目が肥えて、

より個性的になったため、

そのニーズに応えるため、SCもどんどん変化しているのです。

そうなると闇雲に出店していると空回りばかりです。

 

そこで具体的な戦略が必要になってくるのです。

一般的に企業経営戦略の中には中・長期の経営計画、戦略があり、

それに基づいて会社が経営されていますが、

それが机上の空論であってはいけません、

その計画を実現するために戦略を立案し、実行することが重要です。

飲食、小売、サービス等の

店舗を構える商売では出店戦略の立案と実行が重要になってきます。

 

我々はどんな人をターゲットに商売しているのか?

まずそこでマーケット調査が始まります。

そこで調査してみて初めてどこに出店すれば良いのかがわかります。

更にその出店候補地の中から、

いかに店舗運営管理上

どこに出店すれば効率が良くて知名度が上がるのかが見えてきます。

ここで、その戦略を実現するための営業活動が始まり、

より良い成果を上げるための戦術を活用することになります。

今までの流れを図式化すると以下のようになります。

f:id:slrw1995:20170328140413j:plain

以上のような流れになります。

貴社の中に既に店舗開発部や経営戦略室などのセクションがあるならば、

当然のように専門職の人材がいて一連の流れがこなせると思います。

しかし、多くの会社は

実際の店舗を運営することによって会社が成り立っているわけですから、

社内的にラインとなるその部門に人材を投入することに重点が置かれています。

それに比べて直接売上につながらないスタッフ部門には

なかなか人材も資金も投入できないのが現実だと思います。

特に専門的な仕事になってくると

専門的な人材が必要でそれなりの人件費も必要になってきます。

そこで考えられるのが「アウトソーシングです。

アウトソーシング業務 ストアロケーション

低コストで結果を出すには「雇用」という形ではなく、

外部スタッフや外部機関の活用です。

f:id:slrw1995:20170328141158j:plain

我々【Store Location Research Works】を運営する

合同会社ネオ・フロンティアでは

貴社の経営戦略に基づいて出店戦略を立案し、

マーケット調査を行い、

現在の状況に応じた戦術を駆使して貴社の出店実現のお手伝いをいたします。

次回は有名商業施設に出店を成功させるためのPR活動についてお話します。

 

 

商業施設に出店する方法!!

SC出店《中級編》・・・SCと路面店の違いは理解しているが、SCへの出店方法がわからない方

3.駅ビルやショッピングセンターへ出店する方法  

 

通常、私たちが店舗を構えて商売する場合は

自己所有の店舗がなければ店舗を借りて商売することになります。

その場合、不動産屋へ行き、店舗物件を探し、商売をすることになるわけです。

f:id:slrw1995:20170324133840j:plain

この場合、

探す立場の側のポイントは「場所の良いところ」にお店を出店したいものです。

この「場所の良いところ」言う基準も商売によって異なってきますが、

一般には

・「人通りが多い」  

・「目立つ場所にある」  

・「駐車場が取れる」  

・「車を止めやすい」 等など様々な条件が出てきますが、

なかなか思い通りに行かないものです。

 

ここで店舗を貸す家主さんの立場で考えた場合どうでしょうか。

家主としては貸している不動産に関しては安定した収入が得たいものです。

ではその安定して収入を得るためにはどうしたらよいか。

まず、

・「空室を作らないこと」です。

全ての部屋が埋まって稼動していれば手持ちの不動産から最大の収入が得られます。

次に

・「家賃を安定的に払ってくれる人を入れること」です。  

家賃の滞納があっては

せっかく全ての部屋が埋まっていても最大の収入は得られません。

更に

・「社会通俗的に問題のない人を入居させる」こと。

これも大事なことで

問題のある人、店を入居させると家賃の滞納があるかも知れませんし、

周囲の店舗や周囲の建物にも迷惑をかけるかもしれません。

場合によっては同じ建物の人が全て出て行ってしまうかも知れません。

こうなったら安定収入どころの問題ではありません。


逆に考えると

家主としては家賃を安定的な払ってくれる人にはいつまでもいてもらいたいのです。

そうなるといつまでも良い場所は空かないことになります。

こうなると希望の物件が出てくるまで待つしかありません

しかし不動産屋へ日参したところで必ず物件が見つかるものでしょうか。

余程タイミングがよければ

出会い頭に良い物件とめぐり合えるかもしれませんが、

なかなかあり得ない話です。

 

不動産業者さんというのは土地や建物の売買や賃貸借の仲介を行っております。

宅地建物取引主任者」という資格の基に

業務を円滑に進めるために行っているわけです。

ですから不動産の仲介は、この免許を持っている人しかできません。

空いて困っている場所を埋めてしまえば商売になるので

事務的に進められることも多々あります。    

 

これに対して商業施設=SCの場合は違います。

SCは専門店の集合体ですので、

そのSCを開発し運営するデベロッパーのマーケット調査に基づくSC作りが行われ、

店舗構成が行われます。

ファミリーをターゲットにしたSC、若い女性をターゲットにしたSC、

利便性を追求したSCなど様々です。

SC全体の店舗構成もそうですが、

売場のフロア毎に計画的に売場が作られ

そこに必要とされる専門店が集められます。

これは一般消費者が快適にショッピングができるように

デベロッパーが主導して集められた専門店なのです。

 

一般の路面店ビルですと

空きができると穴埋めのような形で

宅地建物取引主任者」という免許を持った人たちが

その広いネットワークを活用して

空き区画を複数の不動産業者によって埋めていくのです。

 

SCはデベロッパーの担当者主導で

お客様のニーズにこたえられる店舗を探して誘致していくのです。

乱暴な言い方をすれば

不動産物件は内容よりも家賃をきちんと払っていけるテナントを埋めていくのに対し、

SCはお客様に指示されるテナントを誘致していくのです。

 

さて、こうなってくるとSCに出店するということは

不動産物件のように不動産屋へ行けば何がしかの情報を得られるのに対して

なかなか情報も得られませんし、

出店を希望する場所へ出店するのも至難の業です。

 

そこでその難しい出店を実現するためにお手伝いするのが

『Store Location Research Worksの合同会社ネオ・フロンティア』です。

興味のある方はぜひ、下記のサイトをご覧ください。

店舗開発実績 出店候補地

企画開発実績 ストアロケーション

店舗開発業務 ストアロケーション

アウトソーシング業務 ストアロケーション

 

次回は出店戦略についてお話しします。

 


 

商業施設に出店する意味?

店舗コーディネーターの西村です。

ちょっと連休で休んでしまいました。

前回の続きの商業施設に出店する意味についてお話しします。

SC出店《初級編》・・・SCと路面店の違いが良くわからない方

路面店舗とショッピングセンターの店舗との違い 

1.駅ビルやショッピングセンターとはどういうところなのか

通常私たちが小売や飲食などの商売をする場合、
今でこそネットショップというものがありますが、基本的にリアルな店舗を構えて、

そこにお客様が来店されるという形が普通です。
その場合のお店というのは、お客様が気軽に出入りしやすいように

道路に面した路面店です。

このお店が何件も軒を連ねたものが「商店街」であり、

モータリゼーションの発達した現代社会では   

幹線道路に大きく駐車場を構えたロードサイドの店舗」も増えてきました。

商店街の店舗にしてもロードサイドの店舗にしても共通するのは

そのお店単独でお客様を呼ばなければ行けないということです。

人通りの多い商店街の場合は別の目的で行ったついでに

他の店舗で買物をするということはありますが、
生活必需品を除いてそのお店に何か魅力がないとお客様は来店されません。

行き着くところはそのお店自身の問題なのですが、

少しでも多くのお客様が来店する機会を増やす場所として 

 「ショッピングセンターというものがあります。

f:id:slrw1995:20170322100934j:plain SC内のインショップ店舗

f:id:slrw1995:20170322100949j:plain 路面店

この「路面店」や「ロードサイドの店舗」と「ショッピングセンター」内の店舗との

大きな違いは

その店舗の前を歩く人たちの違いなのです。

商店街等の前を歩く人たちは公共の道路を歩いているわけですから

大多数の方が通行人
その中に一部買物が目的で歩いている人が含まれるわけです。

ロードサイドにしてもほとんどがその道路を通行する車両です。

それに対して「ショッピングセンター」の中の店舗の前を歩いている人たちは
すべて目的を持った人たちです。

 

2.駅ビルやショッピングセンターの立地のメリット

 「ショッピングセンター」の店舗はいわば「インショップ型の店舗」で  

お店の前を歩く人たちは買物目的やウインドーショッピングや
何がしかの目的を持って「ショッピングセンター」にやってくるのです。


そうです。                                          何かに興味を持ってお店の前を歩く「ショッピングセンター」のお客様と

無関心なただの通行人が歩く「路面店とでは商売のチャンスが違ってくるのです。

最終的にはいくら良い場所にお店を構えても 

そのお店自体に魅力がなければお客様は通り過ぎてしまうだけです。

しかし路面店で考えた場合でも通行量が極端に少なく、                          「シャッター通り」となってしまった商店街より                               駅前の一等地で商売をした方がビジネスチャンスがあるわけです。

しかしその一等地であっても公共の道路ですから大半は通行人で                                      「ショッピングセンター」の中を歩く人たちとは違うわけです。

長くなりましたが                                                      要はビジネスチャンスを与えられたほうが商売はしやすいということです。

 SC>駅前一等地>路面店 というような図式になります。 

 

この件に関しましては経済産業省の統計資料に面白いものがあります。              

概況 大規模小売店舗内小売商店(商店数)|商業統計|経済産業省

このデータは2007年10月に最終更新されてますので少し古いデータなのですが、

当時の商業統計調査で全国の小売業の商店141万9696店の内、

大規模小売店舗内(商業施設)には12万4552店あり、構成比は8.8%ですが、

年間販売額が147兆7431億円の内、

大規模小売店舗内(商業施設)店舗の販売額が48兆2777億円で 

構成比が32.7%になってます。                         

いかに商業施設内の店舗が効率が良いかということです。         

更に年々一般の商店は減少し、商業施設内の店舗が増えています。

商業施設に出店したい方はこちらをご覧ください。

店舗開発専門サイトSLRW

最後に私の個人的な解釈で商業施設の定義をまとめてみました。

参考にしていただければと思います。

次回はSC出店・中級編についてお話しします。

☆商業施設の種類☆

f:id:slrw1995:20170322104757p:plain

 

 

ショッピングセンターに出店しよう!!

大勢の人が集まるショッピングセンターに出店しませんか?

こんにちわ!

店舗コーディネーターの西村です。

今日は商業施設への出店についてお話します。

f:id:slrw1995:20170318110618j:plain

ショッピングセンターとは? 

商業施設とは…?

コトバンクで調べてみました。商業施設(ショウギョウシセツ)とは - コトバンク

⇒「商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。」と出ていました。

この中で皆さんがよく耳にするショッピングセンター(以下「SC」という)は、1930年代に米国で誕生し、1950年代以降全米に広がり(現在約48,695SC)、今ではアメリカの人々の生活に欠くことのできない商業施設となっています。
 

SCが我国に登場したのが昭和40年代で、

その代表的なのが東京都世田谷区の国道246号線沿いに昭和44年11月にオープンした「玉川高島屋SC」です。

SCとは、どのような商業施設なのでしょうか。
我国には大型の商業施設・店舗として三越高島屋松坂屋といった百貨店、
ダイエーイトーヨーカドージャスコといった大型スーパーがありますが、
こういった企業の単独店舗はSCとはいいません。

SCとは、デベロッパーと呼ばれる一つの経営体が中心になって計画、開発した建物にキーテナントと言われる大型小売店(通常は大型スーパー、百貨店)とテナントと呼ばれるバラエティにとんだ小売専門店、飲食店、サービス業が入り、
地域の生活者に多種多様な商品、サービスを提供する商業施設のことを言います。

また、我国には、
キーテナントが入らない専門店だけで構成されているSC、
例えばファッションビル、駅ビル、地下街 といったSCもあります。

さらに、最近は“安さ”を売物にしたSCとして、カテゴリーキラーと呼ばれるような大型ディスカウント専門店を集めた
パワーセンター』やメーカーや小売店の在庫処分などを目的としたアウトレットストアや オフプライスの店を集めた 『アウトレットモール』が出現し、注目を集めています。  

我国の総SC数(2015年末現在)3,195SC、

総面積50,770,809㎡、SC総売上高31兆1,241億円 

一般社団法人 日本ショッピングセンター協会のホームページより抜粋

 

SCはビジネスチャンスを生む巨大マーケット

日本ショッピングセンター協会のホームページをご覧いただければおわかりになると思いますが、SCというのは巨大なマーケットになってます。

皆さんのお住まいの近くにも大なり、小なりSCがあるのではないでしょうか?

SCは商売のための施設ですから、買い物のために目的を持った人がやってきます。

しかも買い物をしやすい売り場づくりをしてくれます。

婦人服を買う目的の人には婦人服の店舗が集まったゾーニングを、食事がしたい人のためには飲食店が集まったゾーニングを作ってくれてます。

買い物の目的を持った人が集まるということは商売のチャンスが生まれます。

目的を持った人を目的の場所に導いてくれます。

例えば、路面店を構えていても、たとえ多くの通行量があっても目の前を通る人はあくまでも通行人で、中には買い物の目的がある人もいますが、希望のお店を探すのにも業種がバラバラの店舗が並んでいては一苦労です。

こんな商業施設に出店してみませんか?

合同会社ネオ・フロンティア

 

次回は商業施設に出店するということについてお話します。

リアル店舗とネットショップの融合

 インターネット通販の荷物の配達はどうなるの?

 

f:id:slrw1995:20170317100531j:plain

 

 2017/3/17の朝日新聞 朝刊1面の記事

 今朝の朝日新聞の朝刊にも出ていましたが、

宅配便最大手のヤマト運輸が問題になっている再配達の受付時間を短くすることなどを決め、荷物量を適正な範囲に抑えることも労使間で決められたそうです。

f:id:slrw1995:20170317102035j:plain

 2017/3/17の朝日新聞 朝刊の記事

昨日もテレビのニュースを見てましたら、宅配荷物の再配送は2割以上あるそうで、荷物量の抑制が進むと配達されない荷物があふれてくるのではないでしょうか?

また、宅配料金の値上げが進んでくれば、ネット通販業者の収益構造にも影響が出てきます。

対策の一つとして大手流通企業では圧倒的な店舗数を誇るコンビニエンスストアのインフラを活用して、近くのコンビニで注文した商品を受け取れるサービスを打ち出してます。

また、宅配ロッカーを駅に設けるなど政府が補助金を出すなどのバックアップする報道も出ておりますが、一部のマンションなどにも設けております宅配ロッカーなどは宅配業者間で争奪戦も激しいようで、果たしてどこまで宅配ロッカーは普及するのでしょうか?

 

 リアル店舗とネットショップの融合

 リアル店舗が始めたインターネットショップはオムニチャネル方式でネットからリアル店舗へお客さんを導く方策を色々行っております。

例えばネットで見た商品をリアル店舗で購入すると配送料分の価格が安くなるとか、ネットとリアルのそれぞれの店舗が双方向で連動してお客さんをがっちりつかんでます。

客の立場として、例えば服や靴の場合試着しないと不安な場合はリアル店舗があれば一度試してみて、その場で購入しなくても後からネットで購入することもできます。手に取って見ないと安心できない人もいるのです。

返品OKというネットショップもあると思いますが、実際返品されてしまうと送料だけでも大きなコストになってしまいます。

 

リアル店舗を出店しませんか?

 ネットショップのオーナーのみなさん!

商品の配送拠点を、あなたがお住まいの近くにあるのショッピングセンターや大型スーパーの一角に移しませんか?

・その日の買い物に来た人が立ち寄ってくれます。

・ネットで情報を得た方が実際に商品が見たいということでわざわざ来店してくれます。

・ネットのショップを知らなかったお客さんが新たな顧客になります。

来店したお客さんにもネットで注文を受けたお客さんにも対応できます。

そんなお店にしませんか?

 私がお手伝いします。合同会社ネオ・フロンティア

出店成功事例はこちら⇒出店成功事例 ストアロケーション

お問い合わせはこちら⇒お問い合わせ - 合同会社ネオ・フロンティア

 

次回はリアル店舗の出店場所である「商業施設」についてお伝えします。

 

 

 

ネット通販で苦戦しているオーナーへ

インターネット通販のオーナーへの提案

 インターネット通販の店舗が置かれている環境

 

店舗コーディネーターの西村です。

32年間、店舗開発の仕事をしています。

いわゆるリアル店舗(実店舗)の出店の仕事です。

 

並行してインターネット通販の仕事も2003年から行ってます。

 

総務省の家計消費状況調査によりますと

2002年と2015年の比較で利用者は5.2倍に増えているそうです。

利用者が多くなったと同時にインターネット通販のショップも

実店舗と違った手軽さもあってかなりの店舗数になっていると思います。

 

例えば、大手の通販ショッピングモールでもモール内に40,000店以上、最大のモールですと310,000店以上出店しているそうです。

他の大手の通販ショッピングモールや独自にインターネット通販の店舗を構えるところも含めると、膨大な数の店舗がネット上にひしめいていることになります。

独自にネットショップを開設しても余ほど話題性のある商品でなければ、お客さんに店舗のサイトまでたどり着いてもらえません。

認知してもらうために色々な工夫をするのですが・・・。

 

そのひとつに大手のインターネット通販モールに出店するという方法もありますが、

なんと、そのモールの中に何万店ものライバルが出店しているのです。

 

私も2003年からレトルトカレーをネットで販売していました。

ちょっと有名なカレー屋さんがマスコミで話題になりましたので、

そこのホームページのサイトで販売したのですが、

思ったほどの売上は達成できませんでした。

現在は国内最大の店舗数のインターネット通販ショッピングモールに出店していますが、ライバルも多く、同じカテゴリーの商品だけでも、かなりの競合店があり、なかなか結果が出せておりません。(売上を伸ばすための努力を怠っているという面もありますが・・・。)

 

競合店対策・新たな環境への出店 

私と同じような思いをされているネットショップのオーナーも大勢いらっしゃると思います。

そんな方々にご提案したいのが、

「ネットとリアルの融合」です。

大手の流通各社もオムニチャネルという言い方でネットとリアルの融合に取り組んでます。

 

要するにリアル店舗(実店舗)を構えて、ネットショップとの相乗効果を出しませんか?

 

現在、リアル店舗を構えるほとんどの店舗がネット通販も行ってます。

ほとんどの流通業がネットビジネスに参入しています。

大手流通業では正にネットとリアルの融合でネットで注文した商品を実店舗で受け取ったり、実店舗で手に取って見て気に入った商品をネットで注文したりなど、オムニチャネルを活用しています。

これではネットショップしか持たない店舗は不利です。

ましてや現在、話題になっている宅配業者の労働環境の問題から、再配達の問題、運賃の問題も世間をにぎわしており、ネット専業には厳しい局面も出てきてます。

そんな中、通販各社がリアル店舗を構える事例が増えてます。

なぜ通販各社は今、実店舗を構えるのか? | Fashionsnap.com

 

リアル店舗の出店方法については次回以降詳しくお伝えします。

http://www.store-location.jp/