読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗コーディネーター

あなたのご商売やご都合に合わせ、出店戦略の立案、出店に役立つ情報の提供、商品のPR活動までいたします。

ショッピングセンターに出店しよう!!

大勢の人が集まるショッピングセンターに出店しませんか?

こんにちわ!

店舗コーディネーターの西村です。

今日は商業施設への出店についてお話します。

f:id:slrw1995:20170318110618j:plain

ショッピングセンターとは? 

商業施設とは…?

コトバンクで調べてみました。商業施設(ショウギョウシセツ)とは - コトバンク

⇒「商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。」と出ていました。

この中で皆さんがよく耳にするショッピングセンター(以下「SC」という)は、1930年代に米国で誕生し、1950年代以降全米に広がり(現在約48,695SC)、今ではアメリカの人々の生活に欠くことのできない商業施設となっています。
 

SCが我国に登場したのが昭和40年代で、

その代表的なのが東京都世田谷区の国道246号線沿いに昭和44年11月にオープンした「玉川高島屋SC」です。

SCとは、どのような商業施設なのでしょうか。
我国には大型の商業施設・店舗として三越高島屋松坂屋といった百貨店、
ダイエーイトーヨーカドージャスコといった大型スーパーがありますが、
こういった企業の単独店舗はSCとはいいません。

SCとは、デベロッパーと呼ばれる一つの経営体が中心になって計画、開発した建物にキーテナントと言われる大型小売店(通常は大型スーパー、百貨店)とテナントと呼ばれるバラエティにとんだ小売専門店、飲食店、サービス業が入り、
地域の生活者に多種多様な商品、サービスを提供する商業施設のことを言います。

また、我国には、
キーテナントが入らない専門店だけで構成されているSC、
例えばファッションビル、駅ビル、地下街 といったSCもあります。

さらに、最近は“安さ”を売物にしたSCとして、カテゴリーキラーと呼ばれるような大型ディスカウント専門店を集めた
パワーセンター』やメーカーや小売店の在庫処分などを目的としたアウトレットストアや オフプライスの店を集めた 『アウトレットモール』が出現し、注目を集めています。  

我国の総SC数(2015年末現在)3,195SC、

総面積50,770,809㎡、SC総売上高31兆1,241億円 

一般社団法人 日本ショッピングセンター協会のホームページより抜粋

 

SCはビジネスチャンスを生む巨大マーケット

日本ショッピングセンター協会のホームページをご覧いただければおわかりになると思いますが、SCというのは巨大なマーケットになってます。

皆さんのお住まいの近くにも大なり、小なりSCがあるのではないでしょうか?

SCは商売のための施設ですから、買い物のために目的を持った人がやってきます。

しかも買い物をしやすい売り場づくりをしてくれます。

婦人服を買う目的の人には婦人服の店舗が集まったゾーニングを、食事がしたい人のためには飲食店が集まったゾーニングを作ってくれてます。

買い物の目的を持った人が集まるということは商売のチャンスが生まれます。

目的を持った人を目的の場所に導いてくれます。

例えば、路面店を構えていても、たとえ多くの通行量があっても目の前を通る人はあくまでも通行人で、中には買い物の目的がある人もいますが、希望のお店を探すのにも業種がバラバラの店舗が並んでいては一苦労です。

こんな商業施設に出店してみませんか?

合同会社ネオ・フロンティア

 

次回は商業施設に出店するということについてお話します。