読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

店舗コーディネーター

あなたのご商売やご都合に合わせ、出店戦略の立案、出店に役立つ情報の提供、商品のPR活動までいたします。

東京進出対策

東京に進出して全国展開しませんか?

 店舗コーディネーターの西村です。

人口ががどんどん減っていく日本で

東京とその周辺だけが人口を増やしています。

いわゆる東京一極集中です。

地方都市でも頑張っている都市はありますが、

圧倒的な経済力を東京は持っています。

 

日本の名目GDPはアメリカ、中国に次いで世界第3位。

東京都は単独で韓国メキシコに次いで世界第16位の名目GDP

一つの国家並みの経済力があります。

thepage.jp

本日の日経MJにも東京圏への企業の移転超過の記事が出ていました。20170329

f:id:slrw1995:20170329092600j:plain

そこで提案ですが、「東京に進出しませんか?」

f:id:slrw1995:20170328145113j:plain

実際に私の所属する合同会社ネオフロンティアでは

下記のようなことを行ってます。

合同会社ネオ・フロンティアのご提案

1.狙い目の場所のご提案
 日々状況が変化していく中でタイムリーな出店場所を提案していきます。

2.
出店戦略の立案
 東京や首都圏での出店戦略から全国展開するための出店戦略も立案いたします。

3.
マーケット・競合調査報告
 出店を検討している街のマーケット情報や競合他社の動向を調査報告いたします。

4.
PR資料作成
 デベロッパーへの売込活動のために貴社を紹介する資料を作成いたします。

5.販路開拓のための企画⇒詳しくはこちら
 商品の販路開拓のためのアンテナショップの企画開発から売込みまでお手伝いします。

 

成功事例

f:id:slrw1995:20170328145604j:plain

こんな諸問題に対処します。

☆コスト面

◆出張にも経費がかかる
  地方から東京に進出する場合、物件探索や市場調査のために出張する場合でも  
  交通費、通信費といろいろ経費がかかり、日帰りできないと宿泊費もかかってしまいます。


◆駐在員を置くと経費は増大
  
 何度も出張する経費が無駄ということで駐在員を置いた場合住居費も必要になってきます。


◆地域の事情がわからないと苦労する
  
 駐在員を置いても東京のマーケットの事情がわからない人が地理的なことや
 マーケットについて掌握するにも時間がかかります。


⇒こんな時、東京のマーケットの事情が良くわかっていて、

現場の近くに暮らしている人に任せるのが一番です。

東京のマーケットを熟知している合同会社ネオ・フロンティアが

出店に際しての的確なアドバイスをし、実務の面でもお手伝いいたします。

☆東京進出のプロジェクトをアウトソーシングの形でお手伝いします。
☆東京に限らず地方での出店についてもご相談ください。

店舗開発に関するお問合せ

次回からは商業施設への様々な業種の出店成功事例、

企画開発事例についてお話します。